後遺障害はどう決まる

後遺症害がどのように決まるのかというのは自分自身で申告するものではなく、事故のあとで体の一部に支障が出ていたりその他日常生活や言動に支障が出ている際には医師による検査を受けたことになります。
例えば、交通事故にあって手足が不自由になってしまった場合や、大きな工場事故で手足を失ってしまったなどといった場合には言わずもがな後遺障害が認められることになりますが、単純に痛みが残っていると言った段階で、後遺障害として認めてもらえるかどうかは医師の判断に任せるしかありません。

また痛みが残っている状態であっても、日常生活には支障がないと判断されることもあり、こうなれば当然ながら後遺障害としての認定が行われませんので、慰謝料も受け取ることができません。
よくあるのが交通事故の被害者になってしまい、わざとらしく鞭打ち症状を訴えることで後遺症認定をしてもらおうと考える人がいるようですが、基本的に鞭打ちなどは交通事故にはつきものの症状となっており、何年経過しても痛みが生じてしまう可能性があるため、これは後遺障害として認められないケースがほとんどです。

また小さなお子様などが被害者になってしまった場合には、年齢を重ねていくに従って様々な症状が出てくる可能性があるため、こうした部分については先方の保険会社を含めながら今後の補償問題について十分な補償が受けられるように徹底的な話し合いをしましょう。