後遺障害による慰謝料

交通事故による後遺障害が認められた場合には慰謝料を支払ってもらうことになりますが、基本的にはこの慰謝料は保険会社から支払われることになります。
認められた等級にしたがって慰謝料の金額等には違いがありますが、最も厄介なのは先方が任意保険に加入していなかったという場合となります。
加入していなかった場合には、自分自身が後遺症が認められても先方に支払能力がないと言った場合もあり、まずは自賠責保険からある程度の保障をしてもらった後、足りない部分についてはどのような支払いを行っていくのかについて確かに話をしていてもまとまらず、最終的には裁判に発展してしまうことなどもあります。

そのため、交通事故による後遺症そして慰謝料に関して任意保険に加入していない場合には必ず弁護士などを通じて、専門的な知識を持つ人間の力を借りながら話し合いを進めていくようにしなければなりません。
自分自身が加害者になってしまった場合にも被害者側から不当な請求が行われてしまうような可能性もあり、ここで任意保険に加入していないからといって言われるがままに費用を支払わなくても良いので、まずは専門家に相談して、どれだけの慰謝料を支払うべきなのかをしっかり判断してもらうようにしましょう。

関連サイト…http://assist.ko2jiko.com/